抜群の存在感!ストレリチアの育て方

あざやかなオレンジとブルーがかったパープル。ストレリチアがつける大振りでエキゾチックなお花は、たった1つで南国ムード満点です。上手に育てて、お部屋で極楽鳥花を咲かせてみましょう。

目次

基本情報と特徴

植物名
別名
科名
属名
原産地
日当たり
花言葉
誕生花

ストレリチアは、南アフリカ原産の熱帯植物です。棒状に点に向かって伸びるスマートな葉が特徴です。まっすぐな柄の先に葉がつく様子はスプーンにも似ています。

「極楽鳥」に例えられるほど目を惹く華やかな花は、切り花や花材としても人気です。フラやタヒチアンダンサーの衣装にもよく用いられています。

花の様子にちなんで、花言葉は「気取った恋」「恋の伊達者」「輝かしい未来」「寛容」。ちょっと気まぐれで魅力的な美人を連想させます。

ストレリチアは、ゴクラクチョウカという名称でも流通しています。学名は、ストレリチア・レギナエ(Strelitzia reginae)、花の様子からバード・オブ・パラダイス(Bird-of-Paradise:天国の鳥)とも呼ばれています。

オーガスタとストレリチア

ストレリチアと間違えられやすいのがオーガスタです。どちらも、バショウ科ストレリチア属の仲間です。ストレリチアは、ゴクラクチョウカ科に分けられることもあります。

属性が同じで名前も似ているため、少しわかりにくいですよね。

見た目の特徴としては、葉で区別が出来ます。オーガスタは広くて大きな葉、ストレリチアの葉はやや小ぶりでスプーンのような形をしています。オーガスタの葉は大きい分、重さでゆったりと垂れるのに対し、ストレリチアはしゅっと上向きに葉を伸ばします。ダイナミックに飾りたいときにはオーガスタ、シャープな印象にしたい場合にはストレリチアがおすすめです。

もうひとつの違いは、咲く花の色です。オーガスタは白鳥のような白い花、ストレリチアはオレンジ色の花をつけます。花の独特の形状も似通っていますが、色が異なります。

花の様子を表した「天国の鳥」という呼び名は共通ですが、オーガスタはホワイト・バード・オブ・パラダイス(White Bird-of-Paradise)と、色がプラスされています。

購入時に迷ったら、何色の花がつくのか確認するといいでしょう。

ただ、オーガスタは長く育てた大きな株でないと、花をつけるのは難しいようです。葉を楽しみたい場合はオーガスタ、花も葉も見たい場合はストレリチアを選ぶといいかもしれません。

いずれも性質は似ているため、どちらも丈夫で安心して育てられる植物です。

ストレリチアの育て方

日当たりと環境

ストレリチアは、日当たりを好みます。日照不足になると、新しい葉が出にくくなる上、花の付き方にも影響します。よく日の当たる窓辺に置いてあげるのがおすすめです。

明るい場所は好きですが、真夏の直射日光で葉焼けを起こす場合があります。葉が焼けると黒ずんでつやがなくなってしまいます。日差しが強くなってきたら、薄いカーテンで日差しをやわらげてあげるといいでしょう。

耐寒性もあり、室温3℃前後で冬越しが可能です。

水やり

ストレリチアは、比較的乾燥に強いため、土はやや乾かし気味で育てましょう。根に水分を貯める性質があるので、多少水やりの間隔が空いてしまっても大丈夫です。

水やりは、土がしっかり乾いてからたっぷりとあげます。あげた後は、また土が乾くまで待ちましょう。頻度として、生長期にあたる春~秋は1~2日に1回程度。冬場は1週間に1回程度です。

葉が乾燥すると見栄えに影響するため、葉水(はみず・霧吹きで水をあげること)は季節問わずたっぷりあげるようにします。適度な湿度を保つことで、葉裏につきやすいカイガラムシなどの害虫を防ぐ効果もあります。

植え替え

ストレリチアは根が太いため、根詰まりを起こしやすくなります。過度に根詰まりすると、生長期になっても葉を出さなくなったり、ふくらんだ根で鉢から抜けなくなり、鉢が割れてしまう可能性もあります。ただ、根詰まり気味に育てた方が花をつけやすい傾向があるため、様子を見ながら、2~3年に1度は植え替えをしてあげるといいでしょう。

植え替えは生長期にしましょう。根が傷ついても回復が早いためです。植え替えの際は、根を1/2~1/3程度まで切り戻し、新しい土に植えます。万が一、黒ずんでいたりぼろぼろと落ちる根があれば腐っていますので、しっかり取り除いてあげてください。

きれいな花を咲かせるために

ストレリチアは、上手に育てると毎年花を見ることが出来ます。花をつけるためには、「日当たりの良さ」と「適切な肥料」がポイントです。肥料は容量と間隔を守り、春~秋の生長期に液体肥料をあげるようにします。冬場は、肥料は不要です。生長がゆるやかになるため、次の春まで静かに休ませてあげましょう。

何年も育て、大きく育った株の方が安定して花を咲かせます。

花が咲く期間は比較的長く、きれいな色を楽しむことが出来ます。咲き終わった花が茶色くしおれてきたら、花の元から切り取ってあげるようにしましょう。花にはややぬめりがあるため、ハサミが滑らないよう注意してください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ストレリチアは、葉が美しいだけでなく、咲きたての花の色が本当にきれいです。ぜひ頑張って咲かせてみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

植物と共に暮らす魅力の拡散にご協力ください!
目次
閉じる