【育て方付き】100均で買える一人暮らしにオススメの観葉植物5選!

100円ショップで、観葉植物が並んでいるのを見たことがありませんか?花屋さんや雑貨屋だけでなく、身近な100均でもかわいい観葉植物を買うことが出来ます。店頭に並ぶ品種もバリエーション豊か。インテリアのポイントになってくれる植物を探してみるのはいかがでしょうか。

目次

100均で植物を購入する際のポイント

元気な植物を選ぶ

売っているのが植物専門店ではないので、購入時には少し注意が必要です。萎れて葉が垂れているものや、葉が黒ずんだりしているものがあった場合は避けた方が無難です。

・幹があるものは好きな形を選ぶ

樹木のように幹がある種類は、好きな幹の太さや形のものを選びましょう。成長すると葉が増えて伸びていきますが、幹の部分の形はほぼ変わりません。じっくり選んだ分、きっと思い入れも増しますよ。

植え替えは必要

小さな観葉植物は鉢もかなり小さく、すでに根がつまっていることが多いです。根詰まりは植物の成長を妨げたり、すぐ枯れる原因にもなります。一回り大きい鉢、観葉植物用の土、鉢底石はセットで購入するのがおすすめです。

100均で買える定番植物

季節によって、店頭に並ぶラインナップは変わります。比較的定番で見かける観葉植物をピックアップしてみました。育て方も一緒にご紹介しますので、参考になさってみてください。

パキラ

広げた手のひらのような葉っぱが可愛いパキラ。熱帯育ちで、日当たりのいい場所を好む植物です。原産地では20mほどに成長する高木ですが、鉢植えであればさほど高くはなりません。てっぺんからどんどん小さな芽を出し、葉っぱが増えていきます。

パキラは明るい室内を好みます。直射日光を避け、レースのカーテン越しに光が当たるようにしてあげるのがおすすめです。葉が茶色く変色したり、落ちるようであればやや日陰に置くようにしましょう。

葉や茎が増えてきたら、風通しをよくするために適度に剪定してあげてください。切り落とした茎は水に挿しておくと根が出てきますので、増やすことも可能です。

テーブルヤシ

ヤシの葉っぱのように、細くて鋭い葉がたくさん茂るテーブルヤシ。その名の通り、テーブルに乗るサイズのヤシの木のようです。

テーブルヤシは、風通しのいい場所、やや日陰を好みます。乾燥しやすくなるので、エアコンの風が直接当たる場所には置かないようにしましょう。乾燥防止のために、葉水(霧吹きで葉に水を吹きかける)をこまめにしてあげると、葉の色をきれいに保てます。

購入した時、根元の株が多いようであれば、株を分けて別々の鉢に植えてあげるのがおすすめです。

クワズイモ

ガジュマルのように、ふくらんだ根元が特徴のクワズイモ。名前のとおり、サトイモ科の植物です。大きく広がる緑の葉がみずみずしくてきれいな植物です。暑さ・寒さにも比較的強く、育てやすくて人気が高いです。

置き場所は、日差しの当たる窓辺がおすすめです。暖かい季節は屋外に置いてあげるとよく育ちます。葉がたくさん増えてきたら、ハサミを入れて葉っぱの数を減らしてあげましょう。切り口から出る樹液はかぶれる可能性があるので、さわらないよう注意してください、

カポック

ぽってりした葉っぱをたくさんつけるカポック。ホンコンカポック・シェフレラとも呼ばれています。原産は中国南部~台湾です。成長が早く、丈夫で虫もつきにくいため、観葉植物を育てた機会がない方にも育てやすい植物です。

日当たりがいい場所を好み、暑さにも強いです。屋外で育てるのにも向いていますが、真夏の直射日光と冬場の霜には注意が必要です。

葉がどんどん増えるので、適宜剪定をしてあげるといいでしょう。大きく育てたい方は、鉢を大きくするのがおすすめです。

サンセベリア(サンスベリア)

肉厚でハリのある硬い剣状の葉が特徴的なサンスベリア。入っている模様から「トラノオ」とも呼ばれています。空気清浄機効果が高いことが認められており、天然の空気清浄機とも謳われる植物です。

原産はアフリカやアラビアで、暑さや乾燥には強いです。日当たりのいい場所で、土は乾かし気味に育てましょう。屋外でも育ちますが、寒さには弱いので、気温の下がる10月くらいには室内に入れてあげるようにしましょう。

どこで買える?代表的な100円ショップ

・ダイソー

・セリア

・キャンドゥ

・ナチュラルキッチン …etc

店舗によって扱いがないこともありますので、大型店舗の方が狙い目です。お店の規模が大きければ、複数の観葉植物から選ぶことも出来ますし、同じ種類でも形を選べたりします。

また、植え替え用の植木鉢や観葉植物の土、剪定用のハサミなど、最低限必要なものが一緒に揃えられるのでおすすめです。

観葉植物の価格は、100円ではなく300円になっていることが多いです。購入時はよく確認しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

100円ショップといえど侮れません。しっかりと定番を抑えつつ、意外なラインナップが季節ごとに並ぶので、見ているだけでも楽しいです。育てやすい植物が揃っていますので、気になるものを見つけたら、ぜひ手にとってみてくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

植物と共に暮らす魅力の拡散にご協力ください!
目次
閉じる