梅雨シーズンのガーデニング・傾向&対策

長雨がつづく梅雨シーズン。気候に影響を受けるのは、人間だけではありません。植物は、長時間に渡って雨にあたることで、さまざまなトラブルを招きやすくなります。6.7月は特に気温が上がり、じっとりとした湿気の多さも加わります。ガーデニングの植物たちが、梅雨を乗り越え、夏に花をたくさんつけられるよう、トラブル予測とその対策を万全にしておきましょう。

目次

梅雨が植物にもたらす影響

日本の夏、特に梅雨どきは、気温も湿度も高い状態が続きます。風通しが悪くなり、空中湿度が増すことで、植物に負担がかかります。ささやかなひとつの要因が次々と連鎖し、植物に大きなダメージを与えやすいのがこわいところでもあります。

梅雨シーズンにおける主なトラブルは2つ挙げられます。

根腐れしやすくなる

地植え・鉢植えのどちらとも、長雨によって、土のコンディションが悪くなりがちです。激しい雨によって土が跳ねたり、流れたりするだけでなく、水はけが滞ることで水分過多となり、根腐れにつながりやすくなります。

軒先に逃がした鉢植えの植物も、安心とは言い切れません。湿度が高い分、気温が高くても土が乾きにくくなります。高温によって、鉢中が蒸れやすくなるため、乾燥した土壌でよく育つタイプの植物は特に注意が必要です。

病気や害虫を招きやすい

雨にあたって弱ったり傷んだりすることで、植物に病気や害虫が発生しやすい環境になります。湿った状態が続くことで、植物本体が腐りやすくなります。それだけでなく、はね返った泥から病気がまん延することも。落ちた葉や花ガラも、カビや虫を呼び寄せるエサになりやすいです。

梅雨トラブルの回避策

マルチング

土の流出や泥はね予防のため、株元にマルチングを施しましょう。マルチングとは、植物を育てる際、土の表面を専用素材で覆うことを指します。よく知られているのは、乾燥させたマツの樹皮をチップ状に砕いたバークチップ。ホームセンターや園芸用品店で簡単に手に入り、価格もリーズナブルです。

雨が降っても移動させられない地植えの場合は、土をマルチング材で覆っておくことで、泥はねを防げるだけでなく、雑草予防にも有効です。

切り戻しをしておく

生長が旺盛で、株元が密になりやすい植物は、梅雨に入る前にあらかじめ切り戻しをしておきましょう。株元の風通しを確保し、蒸れて傷むのを防ぐ効果があります。せっかくの生長過程にハサミを入れることでもったいなさも感じますが、思い切って切り戻しておくことで、梅雨明けの回復と生長を助ける働きにつながります。切り戻した花は、お部屋に飾って楽しむこともできます。

花ガラ摘み

咲き終わった花は、こまめに取り除くようにしましょう。次の花が咲くのを助けるだけでなく、古い花ガラが腐ったり、カビが発生したりするのを防ぐ効果があります。落ちた葉や、変色した葉も同様です。根元に落ちた葉や花ガラは、放置せずしっかりと取り除いてあげましょう。かけるひと手間がトラブルを減らします。

水やりはひかえめに

植物への水やりは、土がしっかり乾いてからあげるのがコツです。土が乾きにくい梅雨時は、無理に水やりをしなくても充足しています。土中で根が湿ったままだと生長しにくいうえ、根腐れにつながりやすくなります。

土の様子に気を配り、乾かないうちは水やりを控えて、植物の負担を減らしてあげましょう。

移動可能な鉢植えやプランターは、あらかじめ雨が直接当たらない場所に移動させておくのが安心です。受け皿は外し、余分な水がたまらないようにしておきましょう。

梅雨明け後のフォロー

はねた泥を流す

雨が降った後は、じょうろなどを使って、花や葉についた泥を洗い流すように水をかけましょう。優しい水圧になるよう気をつけながら、丁寧に流します。傷んだ部分がないか全体をチェックし、変色した箇所があれば取り除いておきましょう。

急激な日差しに注意

梅雨の晴れ間や、明けたあとの直射日光は、梅雨をしのいだ植物にとって刺激が強すぎることがあります。充分に水を含んでいるにも関わらず、環境変化についていけず、萎れた様子になることも。

また、濡れた状態で強い日差しを浴びると、葉焼けをしやすくなります。移動できる鉢植えの場合は、日差しが弱い朝の内に、半日陰などに避けておくのが安心です。

水やりのタイミング

晴れて気温が一気にあがる日は、水やりのタイミングに気をつけましょう。土が乾いていたら、気温の比較的低い午前中のうちに水やりをすませます。日中、気温が高いときに水やりをすると、水分が土中で熱を帯び、根が腐りやすくなります。水切れしてしおれた様子に気づいても、日が高いあいだは水やりを控えましょう。夕方、気温が下がり始めてから水をあげても間に合います。

まとめ

旬の花を楽しめるガーデニング。夏の花は、梅雨によってダメージを受けることもあります。ですが、雨が上がれば、生き生きとした姿を見せてくれるものです。

しっかりと事前に対策をしておき、梅雨シーズンを健康的に乗り切れるようにしましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

植物と共に暮らす魅力の拡散にご協力ください!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる