観葉植物はインテリア!1人暮らしでのグリーンの取り入れ方4選

みなさんは自分のお部屋のインテリアに満足していますか?

間取りを変えることはもちろんですが、模様替えを頻繁にすることは難しいかもしれません。

なんとなく物足りない場所や殺風景なところに、ちょっと観葉植物を置いてみるだけで、簡単にお部屋の印象を変えることが出来るんです。

手軽に始められる方法をいくつかピックアップしました。
今日から始められるものばかりでおすすめですよ。

目次

1人暮らしで楽しむインテリアグリーン

可愛い器に飾ろう!水栽培

水栽培は、土を使わずに、お水だけで植物を育てることが出来る方法です。お花屋さんでは、切り花だけでなくグリーンも扱っていますので、好みのものを2.3本買ってきてお水に挿しておくだけでOK。しばらくすると根が生えてきて、葉も増えるようになります。水の減り具合がわかるよう、器は透明なものがおすすめです。

ハイドロカルチャーと呼ばれる、茶色い粒々の人工土を使った育て方もあります。粒のあいだで植物をしっかり固定できるので、幹のあるものも安定して育てられます。

かわいい器に入れて、お部屋の中に置いてみましょう。

小さいものなので持ち運びも簡単ですし、あちこち場所を変えてみることもできますよ。

リビングだけでなく、玄関やお風呂場、本棚の脇など、彩りが少し欲しい場所にもぴったりです。

↓“ボタハおすすめ植物↓

アイビー、ポトス、ドラセナ、パキラ、クワズイモ

ハンギングで、小さな空中庭園風

鉢に入った植物を、天井や高いところから吊るす飾り方です。おしゃれなカフェや雑貨屋さんなどでもご覧になったことがあるかもしれませんね。上から吊るすだけなので、植物を置くスペースがないときに最適です。

賃貸のお部屋の場合、天井に穴をあけられなかったりします。が、穴の目立ちにくいフックや画鋲が100円ショップ・ホームセンターでも売られていますので、ハードルは高くありません。ただ、鉢は小さめにしたほうが安心です。

ハンギング用のプラントハンガーは、購入するのもいいですが、100円ショップの麻ひもやタコ糸・きれいな毛糸でも簡単にDIY出来ます。紐を切り、結び目を作るだけの方法もありますし、紐同士を編んで模様をつくるレシピもあります。

手作りであれば思い入れもひとしお。ひとつだけでも、長さを変えて複数並べてみても可愛いですよね。きっとお気に入りの空間になること間違いなしです。

↓“ボタハおすすめ植物↓

アイビー、ポトス、エアプランツ、ホヤ、グリーンネックレス

大きめ植物をパーテーションに

キッチンとリビングなど、お部屋の空間が一体化している場合、間仕切りをしたくなりませんか?かといってパーテーションを置くのもかさばるし、光が遮られてしまう可能性があります。

限られた空間の中で雰囲気を分けたい場合、あいだに高さのある植物を置いてあげるのはいかがでしょうか。適度に光を通しつつ、目隠しの役割を果たしてくれますし、大きくて生き生きした植物がそばにあるだけで、とても居心地のいい場所になりますよ。

大型でも、あまり横に広がらない種類であれば、お部屋のスペースを取りすぎることはありません。受け皿の下にキャスター付きの台を仕込んでおけば移動がしやすくなり、水やりやお掃除も楽に出来るので安心です。

↓“ボタハおすすめ植物↓

パキラ、サンスベリア、ドラセナ、ユッカ・エレファンティペス、シェフレラ

ベランダ・バルコニーにグリーンを置いてみよう

もし今、お部屋から見えるベランダがさみしく見えるようであれば、グリーンをちりばめてあげるのはいかがでしょうか。鉢植えを置くだけでもいいですし、少し手をかけて、植物を植えたプランターを柵に引っ掛けておくのもおすすめです。ツル性のアイビーやワイヤープランツは、育つとグリーンカーテンのようにベランダを飾ってくれます。

もちろん日当たり次第で育てやすい植物は変わってきますが、どんなベランダでも観葉植物を育てることは出来ます。

日当たりがいい場所であれば、乾燥に強く、日差しに強い植物を。

日当たりがよくない場所であれば、耐寒性・耐陰性のある植物を。

とはいえ、冬場の寒さは植物にもこたえます。真冬のあいだだけはなるべく室内に入れてあげた方がいいでしょう。

お部屋の中から外に目を向けたとき、ベランダにある植物が目に入るだけで、とても癒されますよ。

↓“ボタハおすすめ植物↓

日当たり〇 ・・・ サンスベリア、アロエ、ソテツ、フェニックス・ロベレニー

日当たり× ・・・ アイビー、ユッカ・エレファンティペス、シェフレラ

まとめ

いかがでしたでしょうか。

暮らしの中に、インテリアとしてグリーンを置いてみる、飾ってみる。

シンプルだけど、あるだけで大きく印象が変わることがあります。

100円ショップでも、観葉植物や園芸関係の雑貨類が充実しています。もし気に入ったものが見つかったら、ぜひお部屋の中に飾ってみてください。 ひとつお気に入りが見つかったら、もっと植物のことを知りたくなってくるかもしれませんよ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

植物と共に暮らす魅力の拡散にご協力ください!
目次
閉じる