1人暮らしの方におすすめしたい!育てやすい観葉植物5選

部屋に植物を置きたいけれど、忙しくてまめに手入れが出来ない。

植物を枯らしたことがあるので、育てるのに向いてないかも・・・。

そんな風に思っている方はいらっしゃいませんか?

忙しい1人暮らしの方にこそ、おすすめできる観葉植物があります。

育てやすい植物をピックアップしてみましたので、ぜひ参考になさってみてください!

目次

育てる最低限の環境

こまめな手入れはいらなくても、植物が育つ上で最低限必要なものが2つあります。

適度な日光

まったく日の入らない場所よりは、1日のうち数時間でも日光が入るお部屋がおすすめです。

直射日光が強すぎると葉が焼けてしまうこともあるので、窓辺に置く際は、レース等の薄手のカーテンで遮ってあげてください。

土が乾いてきたらあげる、くらいでOKです。夏場は毎日あげた方がいいですが、冬場は成長が遅くなるので乾かし気味で大丈夫です。水のあげすぎは根っこが腐る原因になるので、受け皿に水がたまったら捨てましょう。コバエ発生の予防にも効果的です。
葉水(霧吹きで葉っぱにお水を吹きかけてあげること)は極端な乾燥を防ぎ、害虫予防にもなります。エアコンの風で乾燥するのは人間だけではありません。しなくても育ちますが、たまに葉の裏など様子を見ながら、葉水をしてあげましょう。

それから、絶対ではありませんが、目につく場所に置くのがおすすめです。様子の変化があればすぐわかりますし、成長しているのに気づいたとき、もれなく嬉しい気持ちになれますよ。

「育てやすい」の定義づけ

おすすめの植物をご紹介する前に、なぜ「育てやすい」とおすすめできるのか、ポイントをまとめてみました。

1.丈夫

お部屋の環境に左右されにくく、ある程度順応できる性質を持っているので、どんなお部屋でも育てやすい種類です。多少かまえなくても枯れにくいので、忙しい方に特におすすめです。

2.虫がつきにくい

部屋で植物を育てる際、「虫がつかないか」は気になりますよね。極端な乾燥や湿気は虫をつきやすくしますが、もともと病気や虫に強い種類もいるんです。

3.葉が散らない

活発は新陳代謝で葉を散らす植物もありますが、お部屋の中で葉が散らかってしまうのは気になります。葉っぱが落ちにくい種類を選べばお掃除の手間もありません。

おすすめの観葉植物5選

アイビー

垂れ下がるツルや葉っぱを見たことある方も多いのではないでしょうか。「ヘデラ」「キヅタ」とも呼ばれています。寒さや暑さ、日陰にも強いので、室内外で育てやすい種類の植物です。同じアイビーでも、色合いや葉の形、模様の出方が異なる品種が多数存在しています。

育つうちに、ツルがどんどん伸びてボリュームが増していきます。伸びすぎたツルを切り、水に挿しておくと根が生えてきます。そのまま水耕栽培にしてもいいですし、土に植えてさらに増やしていくこともできます。

ポトス

アイビー同様、定番ともいえる観葉植物のひとつです。みずみずしく肉厚な葉っぱが特徴的で、緑の濃いもの、白地に緑色の模様が入ったものなど、種類もさまざまです。

寒さには弱いですが、室内で育てる分には冬も問題ありません。乾燥しすぎると埃がついて艶が悪くなりますので、葉水をしてあげるといいでしょう。お風呂場に置くのもおすすめです。

パキラ

小さいヤシの木のような形状で、5枚の葉っぱが可愛い観葉植物です。100円ショップや雑貨屋さんなどでも小ぶりのものが売られています。

幹から枝葉が出てきますので、そのまま育てて樹形の変化を楽しんでもいいですし、剪定に強いので切ってしまってもかまいません。

耐陰性があり、日のあたらないところでも育ちますが、葉が落ちやすくなることがあります。

サンセベリア

厚手ですらりと細長い葉が特徴的な植物で、「サンセベリア(サンスベリア)」「トラノオ」とも呼ばれています。

横縞が入っている種類や棒状の葉をしているものなど、品種も豊富です。NASAの研究により、室内の空気清浄効果が高いことが認められている観葉植物です。

葉が横に広がらないので樹形が崩れにくい上、お部屋の中でも幅をとりません。

ウンベラータ

ウンベラータ

おしゃれなカフェやオフィスにも置かれている、人気の観葉植物です。ハート型の大きな葉っぱが目印のこの植物は、風水的に恋愛運に効き目があるといわれています。

大型のものだとそれなりのお値段がしますが、小さいものを買って大きく育てるのも簡単です。春先から夏にかけてぐんぐん伸びますので、大きくしたい場合は窓辺においてあげるといいでしょう。

伸びすぎてしまったら枝を切り戻し、また低いところから育てることができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
並べてみたら比較的メジャーなものばかりになりましたが、「人気」かつ「定番」であるということは、「育てやすい」ということを裏付けているのかもしれません。


お花屋さんや雑貨屋さん、100円ショップのラインナップを、ぜひのぞいてみてください。

あなたのお部屋に合う観葉植物が見つかりますように。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

植物と共に暮らす魅力の拡散にご協力ください!
目次
閉じる