【観葉植物】サンセベリア(サンスベリア)の育て方!日当たりや水やりについて

観葉植物サンスベリア(サンスベリア)の育て方

サンセベリアは人気の観葉植物の一つです。

気が付くと子株を出して増えるので、育てていくうちに植え替えをする必要があります。

今回は、植え替えの方法も含め、サンセベリアの育て方についてお伝えします。

目次

サンセベリア(サンスベリア)ってどんな植物?

サンセベリア

リュウゼツラン科に分類されるサンセベリア。

サンセベリアの主な原産地はアフリカで、多肉植物として扱われるので、乾燥に比較的強い植物です。

サンセベリアの魅力は、マイナスイオン放出や空気清浄力が高いこと。

観賞用としても楽しみつつ、フレッシュな空間を作り出してくれるので、風水にも効果的な植物としても販売されています。

リビングや玄関、寝室など、様々な場所で活躍させたいですね。

縞模様が虎の尻尾ように見えることから、サンセベリアは別名で、トラノオ(虎の尾)とも呼ばれています。

しかし、一般的にトラノオとは“サンセベリア・トリファスキアタ・ローレンティ”という品種を指します。

乾燥には強いのですが、蒸れには弱いので通気性を確保する為に定期的に植え替える必要があります。

サンセベリアは日光が弱い場所でも大丈夫な耐陰性という性質を持ち合わせています。

玄関などに置いておけば、出先から帰ってきたときなど、綺麗な空気で中に入ることが出来ますね。

日光がなくても大丈夫な性質を持っているとはいえ、本来は日光を好む種類なので、日当たりの良い場所に置いた方が綺麗に育ちます。

日当たりがよく、風通しのいい場所に置いてあげるようにしましょう。

サンセベリア(サンスベリア)の育て方

日当たりのいい場所を選ぶ

サンセベリアは、春から秋にかけては屋外で育てることが出来ますが、直射日光を長時間当ててしまうと、葉焼けを起こしてしまうので気を付けなければいけません。

屋外で管理する際には、遮光ネットや寒冷紗などを使用して、30%~50%の遮光をするといいでしょう。

ホームセンターや百円均一でも簡単に購入することが出来ます。

耐陰性があるので、屋内でも大丈夫ですが、サンセベリアは日光を好む植物なので、定期的に日の当たる場所に置くことを忘れないようにしなければいけません。

室内でも直射日光を当ててしまうと葉焼けを起こしてしまうので、レースのカーテン越し程度の日光を当てます。

室内の直射日光の方が屋外よりも葉焼けを起こしやすいので注意です!

水やりの仕方について

土の表面が乾いたらたっぷりと水やりをしてください。

水やりの頻度は気温で変わります。

気温が低くなってくると生長がストップするので、水やりを2週に一回か、月に一度程度にします。

あげすぎると蒸れやすくなり、根腐れしてしまうので注意しましょう。

肥料は必要?

サンセベリアを育てるうえで、肥料は必要なのか気になりますよね。

基本的には肥料はなくても育ちます。

しかし、施肥をした方が生長は早いです。

肥料は、緩効性の置き肥を与えます。

または、2000~3000倍に希釈した液体肥料を10日に1回のペースで与えます。

成長をゆっくり楽しみたい人は、肥料は特に必要ないかと思います。

肥料を与える際には、希釈倍率はしっかりと守りましょう。

与えすぎると肥料焼けをしてしまうので、しっかりと濃度測定を行ってください!

サンセベリア(サンスベリア)の株分け・挿し芽をしよう

サンセベリアを育てる楽しみとして、株分けや挿し芽をすることもその一つです。

育成期になるとどんどん新しい芽をだします。

葉がある程度増えてきたなと思ったころは、鉢の中も根でいっぱいになります。

鉢の種類によっては、根に押されて鉢が膨らんできたり割れたりすることもあるので、そうなってしまう前に株分けなどをしてスペースを作ってあげることで、長く育てることが出来ます。

株分けして増やしながら、いろいろな場所で育てるのもいいですね!

株分けの方法は、サンセベリアを鉢から抜いて根の土をよく落とし、ちょうど良い数になるように調整しながら株を分けていきます。

分けた際の切り口が乾燥したら、そのまま新しい初に植え替えるだけです。

鉢植えを替えるだけで、お部屋のイメージも変わるので、株分けをする際には、鉢にもこだわってみるのもいいかもしれませんね。

挿し芽の場合は、葉を10cm程度に切り分け、川砂などに挿しておいてください。

しばらくすると根を出し、脇からは芽が出てきます。

どちらの方法も、試してみると楽しいですね。

どこにどんな風に飾るかによって、株分けの方法を考えるといいでしょう。

最後に

サンセベリアは6月20日の誕生花で、「永久」「不滅」という花言葉があります。

「ずっと仲良くしていましょう」といった意味で恋人に贈るのもよし。

家族のいる人にはリビングに飾ることで「家庭円満」の意味もありますね。

サンセベリアは空気をきれいにする効果が強く、風水の意味も込めて販売されている縁起ものです。

株分けも簡単なので、お勧めの観葉植物です。

室外でも育てる事は可能ですが、害虫には注意しなければいけません。 夜に様子を見ることも忘れずに。

観葉植物サンスベリア(サンスベリア)の育て方

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

植物と共に暮らす魅力の拡散にご協力ください!
目次
閉じる