夜になると眠る不思議な植物・エバーフレッシュの育て方について

空間に柔らかく優しい印象を与えてくれるエバーフレッシュ。小さく細い葉の連なりでかたちづくられた葉は、鳥の羽にも例えられることも。はかなげに見えて、実はとても丈夫で成長も旺盛。理想のサイズを見据えながら、オリジナルの形に育ててみるのはいかがでしょうか。

目次

エバーフレッシュはネムノキの仲間

エバーフレッシュは、東南アジア・中南米原産のネムノキの仲間です。

花をつけた後に赤いサヤをつけることから「アカサヤネムノキ」の和名がつけられています。

冬に落葉するネムノキと異なり、エバーフレッシュは常緑性です。冬場でもつやつやときれいな葉を楽しむことが出来ます。花言葉は「胸のときめき」「歓喜」。そこから派生して、夫婦円満の象徴と呼ばれることもあるようです。

ネムノキには、夜になると葉を閉じ、日が昇ると葉を広げる不思議な特徴があります。これは就眠運動と呼ばれる働きで、光や温度を感知する植物の体内時計によってもたらされるものです。ネムノキが葉を閉じるのは、夜のあいだに水分を蒸発させないように葉を守るためとのこと。

夜に葉を閉じる姿が眠ったように見えることから「ネムノキ(眠の木)」と名付けられたといわれています。エバーフレッシュもネムノキ同様、光の有無や気温に反応して葉を開閉します。

花が咲きやすい観葉植物

エバーフレッシュは、葉だけでなく花も楽しめる観葉植物です。開花は4月~9月頃、約3cm前後のふわふわしたボール状の花を咲かせます。淡い黄緑色の花は、ひかえめでとても可愛らしい雰囲気です。

花が終わると、螺旋状の赤いサヤをつけます。花とは対照的に、サヤは発色のいい赤色をしています。サヤが熟すと黒い種が出来ます。うまく種がついたら収穫し、鉢に蒔いてみましょう。

エバーフレッシュの上手な育て方

株選びのポイント

お店でエバーフレッシュを選ぶときは、葉の密度がぎゅっとつまっているものを選びましょう。葉がすかすかしていたり、少ない見栄えのものは避けた方が無難です。枯れている枝葉がないかもチェックし、気になった株を選んでみてください。

成長期

エバーフレッシュは、春から秋にかけて成長期となります。春先に新芽が出始めたら、よく日光に当てるようにしましょう。成長期の日照不足は、葉が落ちやすくなります。

エバーフレッシュの新芽は茶色いのが特徴です。枯れているわけではないので心配いりません。成長するうちにきれいな緑色に変化していきます。

置き場所

鉢の置き場所は、風通しのいい明るい窓辺がおすすめです。強い日差しが入り続けるようであれば、レースのような薄手のカーテンで遮ってあげましょう。耐陰性は強いですが、週1回程度は明るい場所に移して日光浴させてあげると間延びを防げます。強い日差しに当たると、葉がチリチリに焼けてしまいますので、夏場だけでなく気温の高い夏日の直射日光にも注意してあげましょう。

置き場所を変える場合、急激な変化を与えないようにしましょう。日陰から日なたに移す場合、様子を見ながら徐々に慣らしてあげるようにします。冬場の温度差にも注意が必要です。

水やり

長く育てるために、水やりはメリハリをつけましょう。こまめにちょっとずつ水をあげるのではなく、あげるときはたっぷりとあげるようにします。鉢に水が行き渡り、底からあふれてくるまでが目安です。

次の水やりは、土の表面が乾いてからで充分です。さわってみて、湿り気があるようであればまだあげなくて大丈夫です。常に土が水っぽい状態だと、鉢の中で根が腐りやすくなり、枯れる原因につながります。受け皿を使う際も同様です。水がたまっていたら必ず捨てるようにしてください。

エバーフレッシュは、葉水(霧吹きで葉に水をあげること)をこまめにしてあげるときれいに育ちます。葉の表だけでなく裏もしっかりと湿り気をあげるようにします。乾燥を防げるだけでなく、葉の裏につきやすい害虫を防ぐ効果も見込めます。葉が乾燥しすぎると、昼間でも葉が閉じたままになります。

剪定

成長が早いため、定期的に枝を整理してあげるようにしましょう。込み入った内側の枝葉を切りおとし、通気性をよくしてあげます。枝同士がぶつかってからむようであればすっきりと切ってしまいましょう。切り口の下にある新芽がすぐに伸びてきますので、樹形を見越しながら切ってあげるのがおすすめです。

エバーフレッシュの増やし方

エバーフレッシュの増やし方は、種まきと挿し木です。

種蒔きにおすすめの時期は初夏~秋です。間に合わなければ来年のお楽しみにして、種は大事に保管しておきましょう。種から育てる場合は、大きくなるまでに年単位で時間がかかります。ゆっくりと成長を楽しみたい方におすすめです。


挿し木は、発根まで2か月前後かかります。剪定の際、切り落とした枝を土に挿し、根が定着するのを待ちます。種同様、成長期に行うのがおすすめです。

まとめ

エバーフレッシュは、変化が葉に現れるおもしろい植物です。小さい鉢から背の高いものまで広く流通していますので、ぜひお好きなサイズから育て始めてみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

植物と共に暮らす魅力の拡散にご協力ください!
目次
閉じる