ガーベラの花言葉をご紹介。怖い意味があるって本当?

お花屋さんで、季節を問わず購入出来る花のひとつ、ガーベラ。華やかさがあるので、1輪挿しに生けておくだけで、空間をぱっと明るくする効果があります。贈り物に選ばれる機会も多いガーベラには、たくさんの花言葉がつけられています。

目次

ガーベラの基本情報

キク科の多年草に属するガーベラは、熱帯アジアやアフリカなどの温暖地域に広く分布しています。

園芸品種として、多種多様な咲き方のガーベラがありますが、元になったのは野生のタンポポでした。ヨーロッパを中心に品種改良が進み、日本には大正時代に伝わってきたといわれています。「ハナグルマ(花車)」「オオセンボンヤリ(大千本槍)」という和名は、当時の花の様子が想像できそうな名前です。

全般の花言葉…「希望」「常に前進」「美しさ」

まっすぐに茎を伸ばし、たくさんの花びらを大きく広げるガーベラには、共通して明るくおおらかな印象があります。ガーベラ全般には、花の持つポジティブな雰囲気を思わせる花言葉がつけられています。

色別の花言葉

ガーベラは、咲き方だけでなく、カラーバリエーションも豊富です。定番人気を誇る花だけあって、花言葉もたくさんつけられています。いずれも、色のもつイメージから喚起された言葉が多いようです。

赤いガーベラ …「前向き」「限りなき挑戦」「燃える神秘の愛」

赤は、見る人を引きつける鮮やかさがあり、愛情・情熱を表す色だといわれています。赤い花には、気持ちをまっすぐに表現する花言葉が多くつけられています。

ピンクのガーベラ …「感謝」「思いやり」「幸福」「崇高な美しさ」

ピンクカラーには、やわらかさ・幸せのイメージがあります。ピンク色に咲くお花は、色の濃淡を含めると本当にたくさんあります。いずれも、愛情にまつわる花言葉がつけられていることが多いです。

白いガーベラ …「希望」「律儀」「純潔」

混じりけのない白は、純粋・無垢を表す色だとされています。また、生死・再生のイメージもあるため、白い花は冠婚葬祭に取り入れられることが多い花です。ピュアで何色にも染まる色でもあり、白い花を使ったアレンジはウエディングシーンでもおなじみです。

黄色いガーベラ …「究極の美しさ」「究極の愛」「優しさ」

何にでもなじみやすい黄色は、自然体・親しみやすさをイメージさせる色です。キリスト教の影響で、海外では黄色を「裏切り」の色とする説があります。これは、キリストを裏切ったユダの着衣の色だったことに由来しています。黄色い花を贈りたいときには、メッセージカードを添えると安心かもしれません。

オレンジのガーベラ …「冒険心」「我慢強さ」「忍耐強さ」

ひとめで明るくポジティブな印象を与えてくれるオレンジ色は、陽気さの象徴です。ギフトで贈る際、性別や年齢を問わず贈りやすい人気カラーでもあります。

本数で変わる思いの強さ

ガーベラは、贈る本数によって意味合いが変わるといわれています。

大切な方への愛の告白やプロポーズに、気持ちを込めたガーベラを贈ってみてはいかがでしょうか。

  • 1本:あなたは運命の人です
  • 3本:あなたを愛しています
  • 4本:一生の愛を捧げます
  • 6本:あなたに夢中です
  • 8本:思いやりに感謝します
  • 9本:いつまでも一緒にいてほしい
  • 11本:あなたは私の最愛の人です
  • 12本:私の恋人になってください
  • 40本:永遠の愛を誓います
  • 100本:私と結婚してください

ストレートな愛情表現として、バラの花束は広く知られていますが、束ねたたくさんのガーベラも素敵ですね。

たくさんの色を織り交ぜて花束にしてみるのもおすすめです。

ガーベラを長く楽しむために

切り花を楽しめるのは、だいたい1週間前後ですが、上手に管理するとより長持ちします。生けたガーベラは、涼しいところに飾りましょう。気温が低すぎても萎れやすくなるため、室温10℃を下回らない場所に飾るようにしましょう。

真夏は、水温が上がるため、水につかった部分が腐りやすくなります。日陰に飾り、日中に氷を1~2個入れて水温を下げるのも効果的です。

自宅で出来る湯上げ方法

ガーベラの茎をお湯につけることで、きれいな状態を長く楽しむことが出来ます。花束をもらったときや購入時におすすめの方法です。

  1. ガーベラを束ね、茎を輪ゴム等で束ねる
  2. お湯を3cm程度、耐熱容器に入れる
  3. 茎を10秒程お湯につける
  4. 引き揚げ、湯につかった部分を水中で切り落とす
  5. 取り出して好みの容器に生ける

切り花のガーベラは、水が汚れたら替え、少しずつ茎を切り戻して飾るようにしましょう。首がしおれてきたら、短く切って水に浮かべてみましょう。ガラスの容器やお皿などに浮かべると、花びらが水面に広がってとてもきれいです。

まとめ

ガーベラは、単色で咲くもの以外に、グラデーション状や縁取りなど、バイカラーで咲く種類もあります。色が複数ある場合には、花言葉はどうなるのでしょうね。良い意味をいいとこどりして、お好みのガーベラをお部屋に飾ってみてはいかがでしょうか。気持ちを上げるのに、ガーベラは効果絶大です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

植物と共に暮らす魅力の拡散にご協力ください!
目次
閉じる