【観葉植物】フィカス・ウンベラータの育て方!日当たりや水やりのポイントとは?

フィンカス・ウンベラータ

フィカス・ウンベラータ(以下ウンベラータ)はフィカス属の植物でゴムノキの仲間です。

熱帯アフリカが原産の葉がハート形をした人気の観葉植物で室内で育てている家庭も多いと言われている人気の植物です。

今回は、そんなウンベラータの育て方についてお伝えします。

目次

ウンベラータってどんな植物?

植物名フィカス・ウンベラータ
別名
科名クワ科
属名フィカス族
花言葉「夫婦愛」「永久の幸せ」「すこやか」
誕生花

ウンベラータの原産地は熱帯アフリカです。

葉がハート形をしていることからも、多くの人に人気があります。

大型観葉植物の一つとして言われており、原産地では10mほどの高さになる常緑中高木ですが、日本で観葉植物として室内で育てられているウンベラータの大きさは、約1mほどのものが一般的の大きさだと言われています。

ゴムの木の仲間だと言われていますが、基本的なゴムの気に比べると葉が薄く、幅広で葉脈がしっかりと見えます。

低い気温に弱く、気温が下がると葉を落とすことがあります。

しかし、暖かくなってくれば新芽を出すようになります。

ウンベラータの育て方

日当たりについて

ウンベラータは直射日光が苦手です。

直射日光が当たらない明るい日陰になるところがいい環境だと言われています。

午前中に直射日光に当て、午後からは日陰に置いておくようにするといいですね。

急な直射日光に当てると葉焼けをおこすので注意しましょう。

日光と同じくらい、風通しにも気を付けなければいけません。

風通しの悪い場所であれば、屋内外問わず病害虫が発生する原因になるので、風通しの良い場所に置くのがベストです。

しかし、エアコンや室外機の風が直接当たると傷みの原因にもつながるので、注意しなければいけません。

最適な温度は?

ウンベラータは暑さには強い植物ですが、寒さは苦手です。

屋外でも育てる事は可能ですが、肌寒い時期になったら室内に移動させましょう。

寒い時期には、生長が止まってしまいますが、冬場でもリビングなど常に暖かい場所で管理されているウンベラータは休眠に入らずにそのまま生長を続けることがあります。

水やりのタイミングは?

ウンベラータは土の表面が乾いている時がちょうどいいタイミングです。

鉢底から水が流れ出る位たっぷりと水やりをしましょう。

その際に、水はけの悪い土を使っていると、根腐れの原因にもつながるので、土選びにも気を付けなければいけません。

葉を落として休眠状態に入っているときは、水やりを控え、断水気味に管理して、休眠が明けるのを待ちましょう。

休眠状態に入っているか、土の表面は乾燥しているかなど、常にチェックしながら水やりをしていくと、だんだんコツをつかむことが出来ます。

ウンベラータは葉が広く埃がたまりやすいため、水やりをする際には、一緒に葉水をすると、病害虫の発生を防ぐことが出来ます。

葉表だけでなく葉裏もしっかり葉水をするようにしましょう。

肥料は必要?

ウンベラータを育てる際には有機質の土を使用していれば施肥をしなくても元気に育ちます。

生長を早くしたい時には肥料を使うとはやくなります。

冬場になると基本的にウンベラータの成長は止まり、休眠状態へと突入します。

その時期に肥料を与えると、肥料焼けをする可能性があるので、春~秋の生長期が肥料を与えるタイミングだと言われています。

肥料は、緩効性の置き肥を選びます。

また、化成肥料を使うことでコバエの発生を予防することができます。

植え替えをしよう

ウンベラータは植え替えをしないでいると鉢が根でパンパンになってしまい根詰まりを起こしてしまいます。

そのため、1~2年に1度1回り大きい鉢に植え替えをする必要があります。

寒い環境であれば、もう少し頻度は少なくなるかもしれませんが、基本的にはこの期間で植え替えが必要になります。

5~6月頃が理想的な植え替え時期です。

水はけの良い土を使って植え替えをすることがポイント!

鉢底にはしっかりと鉢底石を入れます。

植え替えをする際に株分けをして、並べて飾るのもおしゃれですね。

ウンベラータを増やそう

ウンベラータは挿し木と取り木の2種類の方法で殖やすことができます。いずれの場合も5~6月に行うのがベストなタイミング!

挿し木の場合は、2~3節分切って下の葉を取ってから挿します。

取り木の場合は、節のすぐ下を環状剥皮(皮だけを剥ぐ)し、周辺を濡らしたミズゴケで巻きます。

贈り物にもピッタリなウンベラータ

葉っぱがハートの形をしていることからも人気の高いウンベラータは、引っ越し祝いにもおススメの観葉植物です。

どんなテイストの部屋にも合わせやすいので、ウンベラータを贈る人は多いです。

明るい場所を好むので、室内であれば直射日光ではない陽のあたる環境がよいですね。

ウンベラータは大型の観葉植物としても人気があるので、1つの空間に1つ置くだけでも存在感が引き立ち、おしゃれな空間を演出してくれます。

初めて観葉植物を育てる人にも、育てやすいのでお勧めですよ!

ウンベラータを贈りものでもらったことをきっかけに観葉植物を育てる事に目覚める人も少なくはないように思います。

フィンカス・ウンベラータ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

植物と共に暮らす魅力の拡散にご協力ください!
目次
閉じる